Category Archives: コレステロール

コレステロールが高い状態になっていると健康診断で

コレステロールが高い状態になっていると、健康診断で言われたら、好きなだけ食事するのをやめますか。

または何か運動したくなりますか。

運動するなら、有酸素運動が健康維持につながります。

有酸素運動は酸素の量が多く必要になるため、心拍や脈拍が速くなる結果血のめぐりが良くなります。

それによって、善玉コレステロールが増加し、悪玉コレステロールの量は少なくなります。

有酸素運動である水中歩行やウォーキングのゆっくりした動きは最も効果を発揮します。

最近の傾向として健康ブームなので、たくさんの種類の商品を目にします。

とりわけコレステロール値が上がるのは、ほとんどの方が食生活の見直しから考えると思います。

あまり知られていませんが、コレステロールを気にする方には睡眠も関係していることがわかってきました。

睡眠の質が悪くなることによって代謝がうまくされなくなるので分解されるべき糖質がそのまま吸収されるために、コレステロールは上昇してしまうそうです。

普段の食事を見直すことはもちろん大事なのですが、規則正しく生活することで改善されることもあるかもしれません。

それほど知られていませんが、レジスタントプロテインというのは、例を挙げるとそばなどにたくさん含まれている数あるタンパク質のうちの一種です。

食物繊維に似た性質で消化や吸収はされにくく、体内にある余っているコレステロールと結びつき外に出す効果を持っています。

コレステロールの値を下げるとすると厳しく食事制限をするというマイナスの印象をもつかと思いますが、そばを食べ、コレステロールの値を調節することができたらつらくないですよね。

通常コレステロールというと、体に害を与えるものという印象はないでしょうか。

ところがコレステロールには、動脈硬化を進行させる悪玉コレステロールと反対にそれを抑制する善玉コレステロールがあり、善玉コレステロールの増殖をはかることは健康な体を維持する為に有効だと言われています。

その上、最近になって解明されてきたことは、コーヒー中の成分であるポリフェノールがなんと、善玉コレステロールを増殖させるということです。

どんな食品も食べ過ぎは厳禁で、卵も同様で摂りすぎは過剰摂取はコレステロールの摂り過ぎとなり以前から言われていることですが、卵は控えた方が良いのかと思ってしまいます。

しかし、女性ホルモンの生成という面からみると卵は毎日健康に過ごすためにあまり気にせず食べる方が賢い選択です。

コレステロールというと、善玉と悪玉があり、このバランスをどの様に維持するかが重要なため、偏りのない食生活で適正量を摂れるようにしましょう。

いわゆる飽和脂肪酸は、食べたときに体内に入ったコレステロールを吸収しないように予防できる効果と、摂取時にコレステロールの数値を下げられる効果があります。

それに対して、飽和脂肪酸は食べたときにコレステロール値を上げるような効果があるでしょう。

ご存知かもしれませんが、不飽和脂肪酸はブリなどの青い魚やえごま油などの植物性の油に、含まれているそうです。

そして、飽和脂肪酸は牛や豚、鶏といった動物からとれる脂に含まれます。

脂質異常症と診断された場合、考えられる症状としては高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症、その他に高LDLコレステロール血症も含まれます。

よくよく考えると HDL、LDLはコレステロールの中には存在していないのです。

HDL、LDLの二つはリポたんぱく質という名前があります。

働きとしては脂質が不溶性のため、身体の中のさまざまな場所に届けるために使われる複合体粒子と考えられます。

そこで気になることとして、コレステロールはいったい何なのかということになってきます。

大きく捉えると私たち人間が食事から採るコレステロールと生き物が肝臓の中で合成し、作ることができるコレステロールの2種類です。

身体の機能維持に欠かせないコレステロールは、70%から80%が体内で合成され、残りの20%から30%を食料から摂る必要があります。

体内で合成されるコレステロールの6から7割が肝臓が生産の拠点となっています。

われわれの肝臓は体内のコレステロール量を感知し、合成にフィードバックする働きもあり、食事でコレステロールを体内に取り込みすぎているときには、コレステロールの合成にブレーキをかけたり、コレステロールを分解する反応にスイッチを切り替えるのです。

なかなか病院へ行く時間がとれないという人のために、自分の家でもコレステロールの値を測定することが可能になりました。

まず始めに検査キットを買います。

準備できたら、血を適量とり、センターに送ってください。

数日たってから自宅に検査結果が送られます。

こうすれば、気になる悪玉コレステロールの値も定期的にみることができますよね。

病院までわざわざ足を運ぶ必要もなく、便利になりました。

血液検査によってコレステロール値がどの位であるかを分かるようになっています。

コレステロール値が高いと言われる人は、食事や生活習慣はもちろんですが、遺伝的要因を指摘する必要があります。

悪玉コレステロール値が高く、遺伝的要因も考えられる場合心筋梗塞などの血液循環系の疾患に罹患する可能性が高まります。

遺伝的背景を把握した上で、リスクが考えられる場合は予防が出来る様、日頃から注意し、最悪の事態に陥らない様、早期発見を目指し、定期検査を行うことをお勧めします。

コレステロールサプリの凄いところを8つ挙げて見る